ハワイの釣り、フィッシング、ジギング、トローリング
  前の10件 21件 ~ 30件(全78件) 次の10件 
 06/08/2018 

ライトトローリング マヒマヒ
シャワーの心配もなく風も穏やか、お客様は広島の野間さんと和田さんトローリングにチャレンジです。昨日、一昨日と鳥山の出たココヘッド沖は何の気配もなく、東のマカプウ岬沖に向かいます。それまで鳥の気配はありませんでしたが周りに少しずつ鳥が増えてきました。「チャンス!」「ヒット!」トローリングクリップが外れましたがラインを引き出す様子もなく、上がってきたのは画像の金色に輝く小型のマヒマヒ、リリースして続けます。「来た!」続いてセンターのパールヘッドに来ました。他のリールを巻き取り、野間さんがファイトに入ります。何回かラインを引き出された後、魚が反転したようで急に軽くなった時、巻き取りを忘れてしまい大きくたるみを出してしまいバラし、残念!周りの鳥もいなくなってしましました。4時間コースでは一回のチャンスをものにしたいところです。お二人ともありがとうございました。またお越しください。


 06/07/2018 

ジギング 本カツオ、GT
予報通り、風は少し落ちて来ました。50mでジグの沈むスピードを確認し沖のポイントに進みます。お客様は大坂の細野さんグループ、ジギングチャレンジです。昨日もそうでしたがベイトについている大物は(カンパチでも)表層30m近くまで追ってきます。今日もベイトの下にジグを下ろし探ります。沖ザワラはアシストフックだけでは食いあげられリーダーを切られる為テールにもフックをつけしゃくります。「何回も当たりがあった!」と細野さん、周りには鳥山ができてきました。「来た!」表層20mできたのは本カツオ、フックを外してすぐにジグを入れます。チャンスは何回もありましたが続きませんでした。潮が止まる直前、今度は浅いポイントです。「来た!」鳩場さんのジグをひったくるようにして、ラインを引き出し、途中全く動かなくなってしまった相手に基本通りリフト・クランクで20分近いファイトでその姿を見せたのは30kg近いGTでした。画像はファイトで精魂使い果魚を上げる力も残っていなかった鳩場さんです。みなさんありがとうございました。またお越しください。


 06/06/2018 

ジギング カンパチ、ヤガラ、カワハギ
昨日は波が高く風も強かった為出船を見あわせました。楽しみにされていた京都の村上さん残念でした。さて、今日はうねりはまだ有りますが、波は小さく風も落ちまずまずのコンデイション、お客様は福岡の藤田さんご家族、ジギングにチャレンジです。藤田さん以外は初めてのジギングでしたが直ぐに止めキャビンの中から声援を送ることに決めた様です。1回目の流し、ベイト反応が良く期待できます。「来た!」最初数回ラインを引き出されましたが問題なくあげられたのは7kg位のカンパチ、初めてのカンパチだそうです。リリースして続けます。二度目の流し、反応はまだ続いています。「来た!」50mくらい下ろして直ぐに来たそうです。「今度はでかい!」何十メーターも引き出されましたがうまくかわし上げられたのは画像の10kg級のカンパチでした。ここで早くもギャラリーから泣きが入りました。近くにできた鳥山の周りで大物をかけられましたが、ライトタックルでは止めることができず最後はリーダーを千切られバラし。ありがとうございました。またお越しください。


 06/04/2018 

体験スポーツフィッシング カスミアジ、カワハギ、ヤガラ
島の西側に発生した小さな気圧の谷に吹込むいつもより強い貿易風、雲も厚くシャワーも心配される今日のお客様は東京の真柄さん、武井さんご夫妻、キャスティングとワームを楽しまれました。キャスティングはポッパー、波を立てるのが基本ですがズルズルと引いてしまいます。シャワーの間はキャビンでくつろぎ、合間を縫ってキャストします。一方のワーム(テール)は好調、最初底がうまく取れず根がかりしたり、ポイントの底から大きく外れたりでしたが、コツを掴むと簡単、画像は真柄さんにカスミアジ、強い引きを楽しまれました。これを契機に真柄さん連続してカワハギ、そして群れに当たったのか?大小様々なヤガラを10匹近くあげられあっという間に3時間は経ってしまいました。皆さんありがとうございました。またお越しください。


 05/29/2018 

ジギング アオチビキ、カンパチ、カスミアジ
前線が接近している為天気はゆっくり下り坂、予報より早く風が強くなってきました。お客様は東京の針生さん、土佐の東原さん(デープライナージグの製作者および遊漁船の船長)、静岡の喜熊さん(釣具屋さん)と皆さん釣りのプロです。ポイントのココヘッド沖は風が更に強く、潮も早い為、皆さん重いジグにテールにもフックを付け、スロージギング風です。ロッドは細く、大型のベイトリールのドラグでやり取りをしています。この方法だと大型が来た時ロッドを立てられない為、熟練の技が求められます。『来た!」針生さんに来ましたがリーダーを切られバラし、続いて「来た!」今度は結束部からバラし、更に喜熊さん小さめのフックをテールにも付けていましたが飲み込まれ沖さわらにリーダーを切られてしまいました。「釣れなくなってしまいます!」ポイントを変え「来た!」東村さんにアオチビキ、更に画像の大型カンパチと実力を見せてくれました。菊間さんにも大型のカスミアジ、そして終了間近で針生さんにカンパチと、厳しいコンディションの中、皆さん結果を出してくれました。有難うございました。またお越しください。


 05/17/2018 

ジギング カンパチ、本カツオ
貿易風が戻って来ました。午後から強くなりそうです。お客様は奈良の井上さんグループ、皆さん初めてのジギングにチャレンジです。基本的な事のみレクチュアーの後、皆さんおもいおもいにしゃくり始めました。ちゃんとワンピッチジャークできている方もおります。最初底を狙いましたが、ラインが斜めに入ってしまいいつ底が取れたかどうか?分かりにくそうです。そんな中、「来た!」ジグを軽く風下(潮上)にキャストして垂直に下ろすよう工夫していた平田さん、ロッドが大きく曲がり、ラインが出て行きます。ジギング初めてでも釣り心は有り、最初の鋭い引きをかわし見事あげられたのは画像のカンパチでした。皆さん交代でしゃくりましたが、後半、近くにできた鳥山の周りをしゃくった時も、それまでキャビンで休んでいた平田さん、交代でしゃくり始めた時『来た!」と本カツオをあげられました。皆さんありがとうございました。またお越しください。


 05/15/2018 

ジギング スマカツオ
朝方のシャワーは陸の上だけ、海の上は心配ありません。今日のお客様は東京の横尾さん、初めてのジギングにチャレンジです。まず、ワンピッチジャークの手ほどき、途中でロッドを止めてしまう癖があり、最初はうまくいきませんでしたが、だんだん絵になって来ました。更にラインにたるみを持たせないようにアドバイス。それまで底を探っていましたが沖で鳥の飛び交う様子を見てゆっくりと接近、ジグを入れます。「来た!」40m位をしゃくっていた時『どん』と来たのは画像のスマカツオ、初めての大物ですが落ち着いてボートに取り入れます。『嬉しい!」と大喜び、この鳥山は長続きせず消滅、魚探の反応を頼りに中層をしゃくります。「手が痛い!」とまだ時間位余裕はありましたが早めの帰港です。横尾さんありがとうございました、またお越しください。


 05/11/2018 

ジギング カンパチ、キメジ
風は更に落ち南寄りの微風、お客様は何度かご利用頂いている横浜の森作さん、ジギングチャレンジです。すぐにベイト反応を見つけ第1投目「来た!」ベイトの層は30mー60m、ジグを70m沈め1回目のしゃくりで反応したのはキメジ、落ちるジグをみながら食いつくチャンスを待っていたのでしょう。ジグを外して又沈めます。「来た!」入れ食いで又キメジ。小さくしゃくったのが正解でした。2度目の流し、中層の反応は薄くなり、ジグを底まで沈め、数回しゃくった時「来た!」乾いたドラグ音を立てラインが引き出されています。途中でドラグを閉めようとした森作さんに「そのまま」とアドバイス、引いたり引かれたりのファイトの後、無事あげられたのは約10kgのカンパチ。さらに「来た!大きい!止まらない!」と悲鳴があがりましたが先ほどの経験が生きています。最初は慎重に、途中相手が弱ったとみた森作さん、いっきに巻き上げたのは画像の20kgの特大カンパチでした。地合はここまでと途中で終了です。森作さんありがとうございました、またお越しください。


 05/10/2018 

ジギング GT、キメジ
弱めの貿易風、波も小さく(但しポイントのかけ上がりは波があります)まずまずの釣り日和、お客様は奈良の中村さん、青木さん、ジギングチャレンジです。ポイントはベイト反応が濃く、大物が食い漁っているような感じです。「来た!」中村さんの細めのロッドが大きく曲がりラインが出ています。ライン、リーダーも細めなので慎重にファイト、無事あげられたのは画像のGTでした。ベイトリールを大きくしゃくった時、多分沖サワラでしょうか?一瞬にしてリーダーをスパッと切られてしまいました。この時間はあたりも多く、ジグには歯型が残っています。また、表層近くまで反応があり、周りには数羽の鳥が左右に大きく動いています。「来た!」今度も中村さん、ボートに取り入れるまでよく動いた相手はキメジでした。この後潮が止まるに従いあたりは遠のき、ラストチャンスもありましたが終了です。皆さんありがとうございました。またお越しください。


 05/02/2018 

体験スポーツフィッシング ヤガラ、エソ、アマダイ、フエダイ、オジサン
空はどんより曇り空、今にもシャワーがありそうな天気です。お客様は大阪の西脇さんご家族、初めてのキャステングとワームを楽しまれました。風は無くべた凪、風の強い日が多いハワイではこの風に乗せてキャストすると遠くまで飛ばせるのですが今日は実力が出てしまいます。なかなか遠くに飛ばせず苦戦です。一方のワームはただ下に降ろすだけ、底をとったら根がかりしないようにリールを少し巻くだけです。更にゆらりゆらりとロッドを細かく振ることで本物の餌に見せかけます。「来た!」奥さんにヤガラが来ました。生まれて初めて釣った魚だそうです。降り出した雨の中、続いて息子さんにヨスジフエダイ一荷、今日も快調です。息子さん奥さんのロッドが同時に曲がりました。「大きい!」何がかかったか?みなさん覗き込みましたが慌てた二人は途中でともにバラし。釣り初めての奥さんは終盤にアマダイを挙げ、5目達成でした。みなさんありがとうございました。連休のお客様もこれで終わり、一休みです。


前の10件 21件 ~ 30件(全78件) 次の10件