ハワイの釣り、フィッシング、ジギング、トローリング
  前の10件 21件 ~ 30件(全76件) 次の10件 
 04/13/2018 

ジギング カンパチ
シャワーの心配も無い、良く晴れ上がった今日のお客様は東京の堀田さん、ジギングチャレンジです。狙ったポイントのココヘッド沖はベイト反応が良くジックリと探りたかったところですが、丁度干潮と重なり波が悪く船酔いが心配と言う堀田さん、2度3度ジグを入れただけで撤退、駆け上がりに戻ります。ここは風と潮により同じ深さを流れる時と、今日のように40mからすぐに100mに変わるところです。ジグを入れて直ぐに「来ました!」いきなり大きいのが来た様で5kgに設定したドラグを鳴らしラインがどんどん出て行く様子に少し慌てた様ですが気を入れなおし慎重にファイト。『GTか?』浅い所なのでGTだと思いましたが無事あげられたのは画像の10kgオーバーのカンパチでした。40mでこんな大型カンパチが釣れたのは初めてでは無いでしょうか?浅いので最後まで弱らず、又、根に潜られる恐れがあるだけにスリリンでなファイトでした。堀田さんありがとうございました。またお越しください。


 04/09/2018 

ジギング カンパチ、大ヤガラ
一週間ぶりのアップデートです。お客様は熊本の菅原さんグループ、ジギングチャレンジです。シャワーの心配をしていましたが雲が厚いのは陸の上だけで海に出ると青空、早速ジグを沈めます。相変わらず潮は早く、風も強いので、ジグを入れる時にサミングしてコントロールする必要がありますが、サミングせずに入れるとセンターバランスでは斜めに入ってしまいます。「来た!」70m付近で強いあたりがありましたがフックアップできずバラし。次にベイト反応の良いポイントを流し、ベイトボールにも出会いましたが、ジグに反応なし。普通、周りもしくはその下10m位を狙いますが、聞いてみると「底を取っていた」との事、棚があっていませんでした。それでも「来た!」岡村さんに来たのは画像のカンパチ、岡村さんはこの直後も「来た!」と大ヤガラを上げられました。皆さんありがとうございました。またお越しください。


 04/02/2018 

ジギング カンパチ、アオチビキ
天候は下り坂、風は西に変わり、シャワーも有る船乗り泣かせのコナウインド、チョッピーな海です。お客様は岐阜の森さんと高木さんジギングチャレンジです。波の悪いココヘッド沖を避け、向かったハナウマ湾沖は他に比べ少し穏やか、と言っても時折悪い波が来るのでバランスを取りながらジグを操作するのは大変です。まず魚探の反応が濃い30ー60mを探ります。周りには鳥が飛び、トローリングボートも行き交うかけ上がりです。「来た!」色々なジグを試していた高木さんにアオチビキ、問題なくあげます。中層に群れをなしているようでコツをつかんだ高木さんここで連続して3匹アオチビキ(画像)、一方の森さんはステイ、ブルー200gを深く沈め「来た!」小型ながらヒレ長カンパチ(リリース)をあげられました。西の空がだんだん暗くなり、荒れそうなので、ここで切り上げ、早めの帰港です。お二人とも有難うございました。またお越しください。


 04/01/2018 

ジギング カンパチ
空はまるで春霞のよう、穏やかな日が続いています。お客様は岐阜の坂下さん、ジギング/キャスティングを楽しまれました。まずリーフ周りでルアーを投げます。全く風も無く波も無く、ルアーを追ってきた一匹がいましたが透明度が高く見切られてしまいました。すぐに見切りを付け、沖のジギングポイントに向かいます。2流し目でベイトボール発見、もう来たようなものです。「来た!」このポイントで約10kgオーバーのカンパチを上げ「今までで最高!最大の魚!」と大喜び、ジグはテールバランスの赤/青200g、続いてポイントを少しずつずらし、もう1匹、あたりが途切れると「見切られた」とジグをゼブラに変え更に画像の大型カンパチをあげ絶好調。後半、近くに出来たはっきりと見える潮目に向かい、マヒマヒを狙ってルアーを投げましたが食いついて来ませんでした。坂下さん有難うございました。またお越しください。


 03/25/2018 

ジギング カンパチ、スマカツオ
昨日の雨は嘘のよう、スッキリと晴れ上がり、風は弱い南寄り、今日のお客様は岡山の浜野さんと息子さん、ジギングチャレンジです。、まず、断崖下で一発目からカンパチを上げ幸先の良いスタートです。風裏で快適だったこのポイントは、夏が近ずくと南からの波が出て、すぐに移動です。次はココヘッド沖、今日もベイト反応が濃くチャンスの連続でしたがセミロングのジグが合わないのか?苦戦です。すぐに見切りを付け、少し沖に出します。「ベイトボール発見!」もう釣れたようなものです。「来た!」50回くらいしゃくってだいぶ上で来たのは約10kgのカンパチ、リリースして続けます。「また来た!」きつめのドラグを鳴らしてラインを引き出していたのは画像の20kg級のカンパチでした。今度もだいぶ上でした。更に「来た!」途中から息子さんに交代して上げられたのは同型のカンパチ。絶好調です。昼近くになり潮が止まり始めましたが最後にスマカツオを上げて終了です。当たりジグは今はやりのシルバーゼブラ250gでした。浜野さん有難う御座いました、またお越しください。


 03/21/2018 

体験スポーツフィッシング エソ、ヤガラ、オジサン、アマダイ
風は強めの貿易風。お客様は埼玉の堀越さんと息子さん、キャスティングとワームを楽しまれました。リーフを超えてすぐキャステング、ここが一押しのポイントです。2セットで始めましたが1セットはライントラブルを直している間にルアーがボートの下に入りプロペラに絡んでしまいアウト、小型のポッパーのみで続けます。後半まで投続けていた息子さんにカスミアジが反応しルアーの後ろで大きな波を立て「ヒット!」でしたが残念ながらフックアップせず。一方の堀越さんはワームで底釣り、最初のエソ軍団からヤガラ、オジサンと続き、アマダイ、更に最後は画像のアマダイ一荷と今日も快調でした。堀越さん有難うございました。またお越しください。


 03/19/2018 

体験スポーツフィッシング カスミアジ、カワハギ、アマダイ、エソ
少し風が強くなった今日のお客様は春休み一番乗りの千葉のカクさんご家族、キャスティングとワームで底釣りを楽しまれました。いつものリーフを出た所からお父さんはキャスティング開始、初めは、なかなか遠くに飛ばせませんでしたが、慣れるに従い遠くに飛ぶようになってきました。所々にある浮遊物の周りが狙い目ですが、風があり狙ったポイントの投げるのはなかなか難しいものです。奧さんと7歳の息子さんはワームで底つり「来ました!」お母さんのアシストを受けながらあげたのはアマダイ。続いて息子さん一人で画像のカスミアジ、快調です。この後も、アマダイ一荷、さらに食いついたエソをそのままにしておいたら今度は大型のカワハギが食いつき、その強い引きを楽しませてくれました。カクさん、有難うございました。またお越しください。


 03/18/2018 

ジギング カンパチ
昨日まで風弱く、蒸し暑い日が続きましたが今日は涼しい貿易風が戻ってきました。お客様は愛知の住原さん、ジギングチャレンジです。朝シャワーがありましたが沖に出ると晴れ間も出ています。カケ上がり一発目、ジグを沈めた途端、ボートのすぐ横で突然クジラが現れました。急いで回収しポイントをかえます。この時期は鯨から目が離せません。今日は日曜日、ポイントには多くのローカルボート(カヤックも)がトローリングそして餌で底物を狙っています。ベイトも反応の良いポイントです。「来た!」最初の一匹は約10kgのカンパチ、久しく出ていなかったのでジグへの反応は良好です。「また来た!」これは残念ながら一瞬の隙を見て食い上がった相手にフックの付け根糸を切られてしまいました。ベイトの周りいる沖鰆です。昼が近ずくにつれ潮が止まり始めましたが最後大きな当たり、10分後ボートにあげたのは画像の約20kgの大型カンパチでした。選ばれた当たりジグは懐かしいハオリジグ、日本では人気がないようですが、ハワイではピーボーイと共に名品です。有難うございました。


 02/26/2018 

ジギング カンパチ
昨日まで風の弱い日が続きましたが、今日の午後から貿易風が強まる予報、お客様は横浜の渡会さん、ジギングチャレンジです。丁度、潮が満ちてくる時間、ウネリはありますがまだあまり風が強くないので100m前後で問題なく何回か底が取れます。波の悪いココヘッド沖を避け、まず、駆け上がりを探ります。「来た!」80m付近で強い当たり、細めのロッドが大きく曲がりましたが、ドラグがキツ過ぎたのか?ラインに傷があったのか?残念ながらラインが切れていました。スプールを入れ替えて続けます。「来た!」大きなベイトボールの周り、5m位下で来たようです。指でスプールを押さえながら問題なくあげられたのは画像のカンパチ。この後も同型のカンパチをあげられた後、波の良くなって来たココヘッド沖に移動。やはり根の周りでベイトを追っているヤル気のある元気なカンパチをあげられ終了です。渡会さん、有難うございました。またお越しください。


 02/22/2018 

泳がせ釣り/ジギング カンパチ
一昨日に続き泳がせ/ジギングにチャレンジの千葉の白井さん父子、今にも降りそうな天気でしたが気合が入っています。風波共に弱く、前回と同じポイントで小魚を狙います。「来た!」これはエソに食いついたヤガラ、続いてヤガラ。ヤガラはフィシュイーターなので他の小魚は逃げてしまいます。それでもおじさん数匹を釣り沖に向かいます。ベイト反応の良いポイントを見つけお父さんは泳がせ、白井さんはジグを沈めます。「来た!」「外れた!いやまだついている!」相手は特別に動きが速いようです。しばらくやりとりされていましたが残念ながら途中で鋭い歯でラインを切られてしましました。これからは泳がせに集中します。約60Mに沈めたオジサンに大型が食いつきました。鋭くラインを引き出されています。ドラグも締めファイトです。2、3回巻いては又出されの繰り返しでしたが、さすがの相手も弱ってきました。「チャンス!この間に巻き取り無事上げたのは画像の10kg級のカンパチでした。雨が降る前にここで終了、白井さん有難う御座いました。またお越し下さい。


前の10件 21件 ~ 30件(全76件) 次の10件