ハワイの釣り、フィッシング、ジギング、トローリング
  前の10件 11件 ~ 20件(全77件) 次の10件 
 01/05/2018 

ジギング カンパチ
少し強めの北よりの貿易風、お客様は名古屋の川面さんジギングチャレンジです。マリーナを出てポイントに向かう海域は潮のぶつかる所で波が悪く、これを避けて大きく回り込むと時間がかかってしまうのでよほどの事がないと直進してポイントに向かいます。今日も直進、かけあがりそしてココヘッド沖とポイントが続きます。今日の潮は大潮、こちらではキングタイドと言い、普段よりも潮位が高く更に満月、厳しいコンディションが予想されますがどうでしょうか?ただ良い事は潮が風と同じくらい強いのでボートはあまり流れません。「来た!」電動リールでグイグイとしゃくっていた川面さん、最初から大型が来ましたが途中でフックアウト、次も来ましたが乗りません。3度目「来ました!」今度はフックアップも決め問題なく上げられたのは画像のヒレナガカンパチでした。ここまで約2時間でしたが船酔いが心配な奥さんを気遣い早めの帰港です。「楽しかった!」川面さん有り難うございました。又お越し下さい。


 01/01/2018 

ジギング カンパチ
今年最初のお客様は広島の藤原さん兄弟と渋谷さん父子、ジギングチャレンジです。昨日より大分風は落ちましたが一歩湾の外へ出ると波が高く、二日酔い、寝不足の皆さんの船酔いが気になります。魚群は波が割れる少し手前に集中しています。水深120m、群はベイトを追いかけて70mから30mに分布しています。80mくらい沈め20回しゃくった所で「来ました!」「大きい!」朝セットしたドラグを信じてラインを引出されても落ち着いて巻き取れるチャンスを待ちます。10分くらいのファイトで上げたのは渋谷さん、画像の10kgオーバーのカンパチでした。続いて藤原さんにカンパチ。最後は渋谷(父)に今日一番の強い引き、必死に耐えて巻き取りのチャンスを待ちます。巻き取り始め、今度は魚が上に上がってきました。一瞬の対応が遅れ相手にリーダーを食いちぎられてしまい残念ながらバラシ、巻き取り量の少ないベイトリールの宿命です。皆さん有り難うございました。今年も宜しくお願い致します。我が家はこれから正月です。


 12/31/2017 

ジギング GT、ヨスジフエダイ
今年最後のお客様は高知の山川さんグループ、ジギングチャレンジです。風は強め、波も高く簡単なコンディションでは有りません。波高いココヘッド沖を避け、手前のかけあがりを探ります。最近ベイト反応の良い80mを中心に深い方にゆっくりと流します。「来た!」レンタルされたベイトタックル(ソルテイガ30)を大きく曲げラインを引出されています。「動かない!」「根がかり?」いや、根がかりでは有りません相手が大きいのです。40分を越える攻防、途中バトンタッチしながらも上げた相手は画像の30kg近い今年最大のGTでした。「一人では上がらない魚をかけてしまった!」と明るい山川さん、もう魚を持ち上げる力も残っていない程疲れ果ててしまったそうです。紅白歌合戦を見ていて寝不足ではないでしょうか? 後半、良型のヨスジフエダイを上げた所で終了です。皆さん有り難うございました。又お越し下さい。


 12/30/2017 

体験スポーツフィッシング オジサン、ニードルフィッシュ
今年の年末は比較的穏やかな日が続いています。今日のお客様は大阪の安本さんご家族、キャスティングとワームで底釣りを楽しまれました。いつもと同様弱い北よりの貿易風、リーフの外側からエンジンを切りキャスティング開始です。狙いは少し先に見える潮目です。ルアーがもう少し飛ぶと可能性が高くなりますが風が弱いため風に乗せる事が出来ません。一方のテールは当たりは有るのですがテールを千切られ苦戦です。でも、その瞬間はやってきました。まずお子さんに連続してオジサン、奥さんにもオジサン(これに食いついた大物もいました)更に、黙々とポッパーをキャストしていた安本さん「来ました!」突然群がわいて来たそうです。その中の大きなサイズが食いつきました。ポッパーを咥え左右に走っています。しばらく強い引きを楽しまれた後ボートに寄せたのは画像のニードルフィッシュでした。皆さん、有り難うございました。又お越し下さい。


 12/28/2017 

体験スポーツフィッシィング カスミアジ、オジサン、ニードルフィッシュ
2日前は記録的な大雨だったオアフ島、マリーナは赤土で茶色に染まっています。マリーナの水が入れ替わって綺麗になるまでにはしばらく時間がかかるでしょう。さて、空は綺麗に晴れ上がり、風弱く絶好の釣り日和、お客様は静岡の原さんご家族、キャスティングとワームで底釣りを楽しまれました。画像は9歳の娘さんルイちゃんが下ろしてすぐにかけ、一人であげた立派なカスミアジです。ボートは潮に乗りカハラホテル方面に流れています。ワームはしばらくの間当たりが分かり難く食いちぎられていましたが、やっと奥さんに来たのはオジサン。一方のキャスティングはポッパーが「ボコボコ」と音が聞こえる位周りは静か、何回もそのポッパーを目がけ突進して来た相手をようやくとらえました。「来た!」バウをかわし、途中で12歳の息子さんに変わり上げたのは大型のニードルフィッシュでした。皆さん有り難うございました、又お越し下さい。


 12/25/2017 

ジギング ヨスジフエダイ、カンパチ
先週は冷たい(日本の人には笑われる?)北風が続きましたが、今日は軽い貿易風、気温も上がりそうです。お客様は東京の宮内さん、初めてのジギングにチャレンジです。まず私がデモンストレーション、一発目から「来ました!」これはヨスジフエダイ、リリースして宮内さんに変わります。基本のワンピッチジャークをマスターするのに手間取りましたが、時間と共に様になってきました。ジグも取り替ながら反応の濃い80mを探ります。「来た!」ついに待望の当たりが有りました。ロッドを大きく曲げラインが出されています。途中引きずり込まれそうになりながらも必死で耐え、何回かラインを引出されましたが、頃合いを見てボートに寄せたのは画像の約10kgのカンパチ。「やった!」「大きい!」と大喜びの宮内さんでした。有り難うございました。又お越し下さい。


 12/13/2017 

体験スポーツフッシング カスミアジ、ヤガラ、アマダイ、ベラ、オジサン
寒冷前線通過に伴う強い北風、お客様は神奈川の佐藤さん、初めてのルアー釣りです。最初はキャスティング、着水するルアーの先に小魚が飛び交っています。「チャンス!」でしたが、もう少しの所でした。ここでワームに切り替えます。下ろしてすぐ当たりが有りました。落ち着いてあげられたのは画像のカスミアジ。時折強い風が吹きますが波が小さい為、30m付近まで探り、ヤガラ数匹、良型のアマダイ、小型ベラ、そしてオジサン一荷とまずまずの釣果でした。後半私がルアーを投げた際、ニードルフィッシュが反応しましたが慌てて合わせてしまいフックアウト、いつも言っているようにニードルフィッシュは「向こう合わせ」です。佐藤さん、有り難うございました。又お越し下さい。


 12/11/2017 

トローリング/ジギング マヒマヒ、GT
昨日のホノルルマラソンは雨で選手は大変だったようですが、今日はからりと晴れ上がり釣り日和です。お客様はジギング2回目の太田さんと大串さんです。ポイントはペンギンバンクス、南に12マイル、急に浅瀬が展開する有名なポイントです。途中、周りを飛んでいた鳥が垂直降下、飛び魚を攫んだのを目撃、「来るぞ!来るぞ!」とドキドキしながら約2時間、ジギングに変えます。「来た!」「又来た!」と太田さんでしたが残念ながら連続してバラシ。「今度こそ来た!」慎重に上げたのは画像のGT、「初めて!」と興奮気味でしたが時間の過ぎるのは早く、トローリングに切り替え、岸に向かいます。「ヒット!」お二人とも突然リールが鳴り出したのでビックリして飛び出して来ました。打ち合わせ通りチームワーク良くボートに取り入れたのは良型のマヒマヒでした。太田さん、大串さん有り難うございました。又お越し下さい。


 12/08/2017 

ジギング カンパチ、本ガツオ
今日も風弱く、波も無く最高の釣り日和、お客様は大阪の太田さんと大串さん、初めてのジギングチャレンジです。ポイント(マカプー岬沖)までルアーを流しながら進め、100m付近の底を狙います。「来た!」一発目から来たのはカンパチ、続いて画像の本カツオ、潮はまだ緩く、ボートは殆ど流れません。ジグはほぼ真下に沈みます。「こんなに釣れるのか?」と太田さん、でもジグを変えたり工夫しないと見切られてしまいます。どうも最初に来たステイ/ピンク200gが当たりジグのようです。ここまで利き手の右手でロッドを振っていましたが、やり難いとの事でハンドルを右に変え、利き手でない左でロッドを振りますが、今度は振れていません。「来た!」ロッドが大きく曲がりましたが残念ながらすぐにラインを食いちぎられてしまいました。時間ギリギリで太田さんにカンパチ「やった!」を上げた所で又ルアーを流しながら帰港です。お二人とも有り難うございました。


 12/07/2017 

ジギング キメジ、GT、琉球赤ヒメジ、大カマス
今年はハリケーンは接近しませんでしたが、12月になっても風の強く出れない日が続き、今日は久々のお客様、広島の大畑さんと浜田さんジギングチャレンジです。海は嘘のように穏やか、断崖下から始めます。「来た!ーーーー?」(今日は当たりは多く有りますがフックアップ出来ない、もしくは口切れとトラブルが多かったと思います。)「来た!」大畑さんに中層でキメジ、そして浜田さんに画像のGT「やった!」と大喜びです。ハナウマ湾沖からいつものココヘッド沖に移動、大きなベイトボール発見、もう釣れた様な物です。「来た!」『切れた!」一瞬にしてリーダーをスパッと切って行った相手は鋭い歯を持つ沖サワラでした。カンパチを狙い底を徹底して探っていた大畑さん「来た!」上がって来たのは大型の琉球赤ヒメジと大カマスでした。お二人とも有り難うございました。又お越し下さい。


前の10件 11件 ~ 20件(全77件) 次の10件